大阪ハーモニーブラスは英国式金管バンドの団体です









大阪ハーモニーブラス(Osaka Harmony Brass:OHB)は、2000年に設立された、アマチュアの英国式ブラスバンドです。
英国式ブラスバンドの伝統的な曲(オリジナル曲)はもちろんのこと、ブラスバンド編成に合わせて他の演奏形態(吹奏楽やオーケストラ、ビッグバンド)から編曲された作品も数多くレパートリー(おおよそ500曲)に取り入れており、年2回程度のコンサートを開いております。

ブラスバンドとは

英国式ブラスバンド(British Brass Band)とは、コルネットに代表されるサクソルン族と呼ばれる金管楽器を中心とした演奏形態のことを指します。英国式金管バンド、ブリティッシュ・ブラスバンド、ブリティッシュスタイルの金管バンド、単なるブラスバンドなど、様々な呼称があります。
その歴史は比較的浅く、19世前半に労働者階級のレジャー、レクリエーションとして発展した音楽形態を発端としています。
現代では、欧州や豪州で多数の団体が存在しており、日本においても吹奏楽ほどの数ではありませんが、多くの団体がブラスバンドとして活動しています。

直近のコンサート情報

2020年5月9日(土)に開催予定だった、OHB(大阪ハーモニーブラス)設立20周年を記念したコンサート「Spring Concert 2020」は中止となりましたが、次回の演奏会を現在企画中!詳細が決まり次第アップしますので、その際は下記のリンクからご覧ください。

指揮者・音楽指導

伊勢 敏之

大阪芸術大学芸術学部演奏学科卒業。1994年から2000年までブリーズブラスバンドに在籍し、ヨーロッパ公演にも参加。現在は、大阪音楽大学非常勤講師のほか、吹奏楽トレーナー、指揮者として活動。創価学会関西吹奏楽団では全日本吹奏楽コンクールに11度出場している。 また、トロンボーン奏者としても、テレマン室内オーケストラ、ウィンド・カンパニー、バイエルン・カペレ大阪などで活動。
関西トロンボーン協会理事・日本吹奏楽指導者協会会員。21世紀の吹奏楽「響宴」会員。トロンボーンを磯貝富治男、呉信一、伊藤清、室内楽を森下治郎、指揮を岩村力の各氏に師事。
2014年7月より、大阪ハーモニーブラスの音楽監督に就任。

各種SNSにて情報を発信しています